最短で合宿免許を卒業できない理由

バナー

最短で合宿免許を卒業できない理由

合宿免許の魅力の一つは、通学に比べて早く卒業することができるということです。


平均すると、AT車免許で14日、MT免許で16日前後が最短の卒業となっています。

自動車学校が決めてスケジュール通りに進んでいけば、通常はこの最短の日数で卒業することができます。

神奈川の合宿免許関する情報探しのお役に立つサイトです。

しかし、中にはスケジュール通りに進んでいくことができず、卒業が遅れてしまうことがあります。

最も多い理由は、体調不良です。風邪や疲れ、その他、体調が優れなくて休んでしまうと、その分卒業が遅れてしまうことになります。


そのため体調管理は重要です。

友達と一緒に参加していると、ついつい夜更かしなどをしてしまって、翌朝調子が悪くなってしまうということもあり得ます。



教習を休まなかったとしても、頭がすっきりしない状態で運転すると、うまく運転ができなくなりますので気を付けましょう。

二つ目に、遅刻や勘違いです。朝寝坊をしてしまったり、外出している間に戻ってくる時間が遅れてしまったりということがないようにしなければなりません。

合宿免許のスタッフが朝起こしに来てくれるということはありません。


また、スケジュールをよく確認しないで、時間を間違えてしまうということも少なくありません。

三つ目は、技能検定で落ちてしまうことです。

合宿免許では数回の技能検定があります。

それにパスしなと次の段階に進むことができません。

神奈川県の自動車免許情報

これは通学でも同じですが、2~3回は検定試験に落ちるのは当たりまえと思っておくと良いでしょう。


ただ、自動車学校では、2~3回検定試験に落ちても良いように、多少の時間的余裕は設けていることが多いです。

Copyright (C) 2016 最短で合宿免許を卒業できない理由 All Rights Reserved.